2002旧市政を診る
11月 11月 11月
12月 12月
2003
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 9月 10月
11月 12月 1月

 我輩の名は 
仮想世界の生物ネット上を自由自在に・・・

2004年 9月
ドラネ2004年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
2004年9月1日 浅間山噴火

●8時ごろ不思議な音が聞こえて窓を開けてみた・・・5秒間ぐらいの間聞こえた。
●吉井町で高崎法定合併協議会設置案が11対8で否決された。先月予算案が9対8で否決され、執行側が設置案を一旦取り下げ今回の上程になった。
今後高崎市が直接請求を高崎が付議し両町議会が審議する。
吉井町議会が再度否決し、町長は住民投票を請求し結果が多数であれば法定協議会が設置される・・・。ここまで進んだとしても果たしてどのくらいの時間がかかるのだろうか。法定期限は刻々と迫っている。

2004年9月2日 浅間山噴火

浅間山が20年ぶりの噴火だった。
(火山の噴火による大量の灰は、地球全体を覆い日照を遮り日傘状態をもたらす。
天明の飢饉はヤマセ型冷害の始まった翌天明3年(1783)浅間山が噴火し事態を悪化させた)
といわれている。
今回のような小規模である場合は、大規模な天候異変をもたらすことはないだろう。

2004年9月3日 吉井町合併状況

地元新聞が吉井町長や高崎市長のコメントを載せている。

吉井町長の「法定期限内の合併はむずかしくなった・・・」
高崎市長の「混乱の原因は議員の数が減るということではか・・・」

大家Tさんの印象は・・
高崎市長の挑発的なコメントで「吉井議会はさらに硬化」し合併は不可能になった。合併が無理になったとの認識は、町長や市長の一連のコメントに現れている。
群馬自治体の盟主を自認してきた高崎市の影響力は松浦市長のもと、黄昏を迎えている。

2004年9月4日 ロシア学校占拠事件

少なくとも394遺体、地元最大の安置所…学校占拠

 AFP通信は5日、ロシア・北オセチヤ共和国のベスランで起きた学校占拠事件で、地元で最大の遺体安置所に、これまでに少なくとも394遺体が運び込まれたと伝えた。同安置所の職員が明らかにした。

「イスラムの戦い」色濃く
 八月下旬に相次いだロシア旅客機二機同時爆破テロと、モスクワの地下鉄駅における自爆テロでは、米国務省が国際テロ組織アルカーイダとの結び付きを指摘する「イスランブーリ旅団」と名乗る組織が犯行声明を出している。

2004年9月14日 pcトラブル

いやーいやあ、参りました。
9月6日不具合が発生しサーバーへのアップが出来なくなりました。
知り合いのプロSさんにサポートをお願いし、今日やっと復旧・・・アップできるようになった。参りました。
教訓。
WEBの世界では備え無しに何でも興味本位に手を出さないこと。
無防備に未知の領域に足を踏み入れないことを実感しました。
と大家Tさんやの反省のボヤキでした。
9月15日 決算特別委員会
 
 藤岡市が十五年度執行した様々な事業や仕事が、市民生活に正確に効率よく執行されたかどうかを、決算書と付属資料などをもとに議会が精査する。
10:00から5時まで質疑応答が行われたが、午後2時ごろH議員の高校移転質問で、当時出された小中学校校長会の報告書の信憑性について紛糾し、午後は休憩が多く質疑の時間が少なかった。
すでに新しい藤岡中央高校は土地の買収が終わろうとしている。大家Tさんは最後に「ららん藤岡」運営委託3000万円について質問。5年前10億円で造った「花の交流館」
の使命、存在理由、評価についてたずねた。

9月18日 100歳の脳

 脳の細胞は死滅したら新生しないと長らく言われえてきた。しかし実はそうではなかった・・
100歳の老人の脳を調べた結果発見された。NHK敬老特集番組で紹介された。

大家Tさんは以前から
「使わない筋肉は衰え、最後は細胞が死んで体が動かなくなる。脳も同じだ。
だから両方鍛えなくちゃあだめなんだ・・」と。
大家Tさんは大いに勇気ずけられ、散歩や水泳スキーをやり、パソコンに取り組むのでした・・・。

9月19日 シラサギ

河川敷のパークゴルフ競技会から区画整理された田んぼの農道とおって帰ってくる。時折シラサギ水田でえさをついばんでいるのに出くわすが、今日は自慢の10倍ズームカメラを持っていた。
逃げないように車内からパチリの一枚である。
9月20日 敬老の日

 昨夜放映されたNHKスペシャルパート2を録画した。
三浦敬三さん100歳が出てきた。超人だ。
大家Tさんも子供のころから海で泳ぎ、冬はスキーをしていた。
どちらも全身運動である。スキーを続けるためには夏場のトレーニングを省いては不可能だ。
特に足腰膝の柔軟性と粘り、筋肉の持続力をを保たなければ滑れない。
100歳・・・不可能のであるとおもえる滑降を見事にこなしている。
経験者からみると奇跡としか思えないのである。


 
奇跡の人三浦敬三さん

 三浦敬三さんは旧北海道帝国大学在学中にスキーに出会い、卒業後就職した青森営林署でもスキー部に所属。
昭和10年頃に制作された八甲田山の記録フィルムには斜面を先頭で滑り降りる三浦さんの姿がスペシャルでも放映された。当時は長距離やジャンプの選手として活躍。

10年前、妻を亡くしてから一軒家で一人暮らし。
料理は自分で作るそうです。「買い物もしなくちゃいけない。次々と用事が重なってくるそうすることが、ボケの予防になる」
と話す三浦敬三さんの両耳には補聴器。歯もすでに総入れ歯ですが、食事は玄米食。

また、圧力鍋を使うと魚の骨まで柔らかくなるので、骨まで全部食べる。あとは、納豆もよく食べる。三浦さんが健康の元だというのが手作りのスペシャルドリンク(ゴマ、黄粉、てんさい糖、殻ごと酢に溶かした酢たまご、ヨーグルト、牛乳を混ぜたもの)で、毎食後飲み現在でもシミひとつなし。
toumei7.gif (817 バイト)
年間約120日はスキーをしている。
オフシーズン中も次のシーズンに向けてトレーニングを欠かさず、
(1)首の運動、(2)口開け運動、(3)呼吸法、(4)体操、(5)ゴムチューブ体操、(6)スキー体操、(7)深呼吸、(8)ウォーキングの順に、トレーニングを行う。

ウォーキングは毎朝4キロ。体が温まってくれば走り出し、いつもタイムを短縮する目標を持ち続け実行している。
口開け運動は、口を開けて舌を出す。これをやると、胸、肩、首、顔面、頭の筋肉までほぐれて非常にさっぱりすると言う。

99歳の昨年、モンブランの氷河を滑降。
モンブランのスタート地点の標高は富士山より高い3800メートル。長さ24キロ、標高差1900メートルの氷河を何時間もかけて滑り降りるという長丁場。
コースのコンディションも厳しく、何度もコントロールを失う。
99歳という年齢を考えれば、転倒による骨折などで、そのまま寝たきりになってしまう危険と隣り合わせのチャレンジだった。
 
モンブランの1キロにわたって続く危険なクレバスが待ち受ける最大の難所は孫の雄大さんに背負ってもらった。
スタートから4時間後、敬三さんは無事ゴール地点に到達。
99歳の見事な大冒険だった。

9月22日 障害

精神障害問題をS議員が一般質問した・・・閉じこもりなどの精神障害が女に比べて男が3倍多いとの調査がある。
大家Tさんの周辺でも程度の差があれ男が多いのは実感していた。

原因についての分析はなかったが、大家Tさんはこの現象の原因に対し一考を持っている。
「日本は気がついてみると女性主導社会になり、父親の役割まで兼務している・・・」「平和が続き男の役割と緊張が失われ、薬や賭け事と娯楽に走り現実逃避している・・・」「いつの間にか背骨が退化劣化した社会に変質してしまった・・・」

●人マネばかりの若い日本女性もっと自然な個性を・・
自信のない女がブランド物を持ち歩く   マークス 寿子(まーくす としこ)著
とんでもない母親と情けない男の国日本 マークス 寿子(まーくす としこ)著
●戸塚ヨットスクール
9月26日 イチロー
アメリカの記者が言った
「イチローは顔の見える初めての日本人だ・・・」
シーズン最多安打記録に挑むマリナーズのイチロー外野手(30)は26日、敵地でのレンジャーズ戦で4打数1安打。今季の安打数を歴代単独5位の251本とし、大リーグ記録まで残り7試合で6本と迫った。大リーグ機構はこの日からイチローの打席に限り「特別球」を使用。本塁打などで記録が達成された時に“偽ボール”が出回ることを防止するのが目的で、いよいよカウントダウンムードが高まってきた。



月日
月日
月日
月日

月日

戻る