丸山ワクチン   
2008年 5月10日
より投与開始  *** 2006年〜2007年の身体の記録

「丸山ワクチン」投与までの体調、病状について。
(2007年5月11日すい臓がん手術(すい臓三分の二、脾臓全摘出。肝臓マイクロは治療5箇所)
2007年6月より抗がん剤、各種造影剤等の蓄積副作用(手・足や口唇周辺部の感覚異常や知覚不全)はゆっくりと始まり、
3回目の肝臓転移手術(マイクロ波)後より強まる。
2回目の抗がん剤投与(2008年4月より2回で中止)から膝から下、手首から下が熱湯につけたような知覚障害が強まる。
特に冷えに対して感覚異常が強く反応。首から頭部後ろ中心と、あご下に痒みを伴う発疹多発。手術傷口周囲に末梢神経障害強まる。
脱毛、嘔吐、食欲不振はほとんどなし。

2008年5月6日ーー抗がん剤治療中止 副作用で脱力感著しく気力後退 (計4回計画を2回で中止)
2008年5月10日より、免疫療法の一つである「丸山ワクチン」に一本化する。
(使用中の薬ーー前立腺、高血圧、インスリン、安定剤 鎮痛剤座薬)

この記録が,医療関係者やガン患者に「丸山ワクチン」による治療の判断材料になれば幸いです。
自立と共生 http://www.tetsuaki.net/


●ワクチン(A:Bー10:1) 投与(火、木、土)  ●手・足・口感覚異知覚不全ー指数(知覚不全強度を 1−10に数値化) 
●気力状態を指数化(1−10)  ●インスリンは1日の合計  ●ヘモグロビンA1C (HbA1c)5.8以下
CEA 癌腫瘍マーカー(5、0以下正常値とされる)  ● wBC(白血球) 39〜98  ● リンパ球 27〜47
●副作用対策ー座薬 ポルタレンサポ25 鎮痛解熱剤使用
丸山ワクチン投与以前の発症からの身体の記録・・・
●2008年10月2日より、A-BからAーAに変更(CEA上昇に対応)
2008年 体重 インスリン 症状・その他 気力 知覚
5月6日 定期検査  A1Cーー検査なし  CEA−−4.8      抗がん剤治療中止 前回4.9より4.8へCEAは横ばい
5月6日 61.5 20
5月10日 61.9 26 丸山ワクチンA 投与スタート
5月13日 62.4 22 散歩
5月15日 62.1 17 軽作業
5月17日 62.0 19 軽作業(4日間終了)・睡眠不良、午前中睡眠 
5月20日 61.7 26 夜から知覚不全ー強。朝改善
5月22日 61.8 17 軽作業
5月24日 61.8 28 PC指導、癌患者他数名と面談 体調良好
5月27日 62.5 夜から副作用強まる。朝は改善
5月29日 10 A 62.3 23 末梢神経障害夕方 強
5月31日 11 B 61.3 23 末梢神経障害夕方 強
6月3日 12 A 62.3 21 末梢神経障害夕方 中
6月5日 13 B 62.2 28 末梢神経障害夕方 中
6月6日 定期検査  A1Cーー6.0    CEA−−7.7     血液検査 WBCー 92  リンパー18
6月6日 62.5 16 末梢神経障害夕方 中
6月7日 14 A 62.4 20 末梢神経障害夕方 中
6月10日 15 B 62.4 20 末梢神経障害夕方 中
6月12日 16 A 10 末梢神経障害夕方 中
6月14日 17 B 62.5 30 末梢神経障害夕方 中
6月17日 18 A 62.9 22 末梢神経障害夕方 強 15.16と風邪気味
6月19日 19 62.1 18 体調良好 末梢神経・知覚障害 弱
6月21日 20 62.5 26 歯の治療 午前中横になる
6月24日 21 63.6 20 左胸下部(傷の下あたり)末梢神経・知覚障害
6月26日 22 62.0 22 左胸下部・末梢神経・知覚障害夕方 強
6月28日 23 61.8 26 左胸下部・末梢神経・知覚障害 強  散歩
7月1日 24 62.1 30 左胸下部・末梢神経・知覚障害 強
7月3日 25 62.0 34 左胸下部・末梢神経・知覚障害 中
2008年 体重 インスリン 座薬 症状・その他 気力 知覚
7月4日 定期検査  A1Cーー6.0    CEA−−16.3    血液検査 WBCー109  リンパー17 
7月4日 62.5 32 末梢神障害 強
7月5日 26 62.5 22 末梢神障害・左右のひざ下骨に痛 中
7月8日 27 B 63.3 14 末梢神障害 強
7月10日 28 A 63.0 26 末梢神障害 中
7月12日 29 B 63.2 18 末梢神障害 中
7月14日 30 A 62.9 26 午前体調低横になる午後回復 末梢神障害 中
7月16日 31 B 63.4 体調良好・昼寝 作業草刈 末梢神障害 中
7月19日 32 A 63.2 20 体調良好 手術後の傷穴化膿治る 末梢神障害 中
7月22日 33 B 64.2 体調良好 夕飯初めて食欲なし
7月24日 34 A 62.8 20 体調良好
7月26日 35 B 63.6 16 体調良好高崎にて垣見一雅(OKバジ)面談
7月29日 36 A 63.7 18 体調良好 墓標完成
7月31日 37 B 63.4 12 体調良好 アルコール
2008年 体重 インスリン 座薬 症状・その他 気力 知覚
8月1日 定期検査  A1Cーー6.1    CEA−−47.5    血液検査 WBCー108  リンパ球ー17 
CEA−47.5と異常な値を示した。
すい臓がん発覚時(2007年5月11日)の値がCEA-11.7だから、
今回4倍もの高い数値である。当時は周囲の人たちが明らかに病人の表情をしており異常をかんじたと口をそろえる。
現在同じ人たちが病人とはとても思えないという・・・。

今日現在体重も増加を続け、食欲も落ちないで気力も充実している・・・
頭髪の白髪が減少していることに気がつく
8月2日 38 A 62.9 14 体調良好
8月5日 39 B 64.5 16 日本医科大学ワクチン 3回目   東京滞在10時間
8月7日 40 A 64.4 16 朝軽作業草刈
8月9日 41 B 64.3 16 孫が言う。髪が黒くなたみたい。
8月12日 42 A 64.0 16 体調安定
8月14日 43 B 63.8 顔に油が薄い膜のように浮くようになる
8月16日 44 A 63.9 28 副作用の強弱の波が一定してきている。座薬投与時間ー前11時、午後17時、22時・3回
8月19日 45 B 63.8 知人の付き添い日本医科大学。 東京14時間滞在。座薬1回、副作用大
8月21日 46 A 64.2 18 行動エリアと時間の拡大、心身が対応している。
8月23日 47 B 63.2 20 朝から末梢神経・知覚障害強し
8月26日 48 A 64.1 10 東京会合
8月26日 定期検査  A1Cーー6.4    CEA−−84.3    血液検査 WBCー177   リンパー11%  単球ー6%
CEA−−84.3 血液検査 WBCー177ともに始めての異常値を示す。
ガン進行増殖の反応とみられる、身体上に自覚症状としては現れてない。下記に丸山ワクチン使用後の変化をグラフ化してみた。
8月31日 64.2 14
2008年9月
9月4日 63.5 10
9月5日 北海道へ湯治に出発  9月5日〜14日
9月10日 64.0 16 風邪9日〜13日まで5日間湯治場で安静に過ごす。記録末梢神経・知覚障害強。食事は砂を噛味覚を3日間失う。
9月14日 62.8 北海道より帰宅
9月15日 A 63.0 22 安静
9月20日 A 63.0 14 「共に生きる」会発足
9月25日 A 63.1 12 体調良し
9月30日 63.1 12
2008年10月
10月1日 63.3 18 体調良
10月2日 A 63.8 22 丸山ワクチン AーB から A−A開始
10月3日 定期検査  A1Cーー6.5   CEA−−186    血液検査 WBC220   リンパ球ー11%  単球ー6%
CT検査と血液検査(腫瘍マーカー)  画像から肝臓に体積に対し10〜15%近くガン細胞容量あり。リンパ節4センチ。骨への転移なし。
2008-3-7 2008-10-3


2008−3 肝臓ーマイクロ波治療直後CT 2箇所


2008−10  肝臓 転移増殖癌の散在痕  
下大静脈周囲の黒い部分は11月の治療による病巣壊死





トップに戻る