思い出なぞる音旅
うたごえ喫茶 のび 

私の心に刻まれたメロデーを集めてみました。
60数年転々と移住して来ましたが、自分の感性の住む場所は変わらないのだとつくづく思います。

うたごえ愛唱歌1000曲 
山のロザリア 山の娘 ロザリア いつも一人 うたうよ
北上夜曲 匂い優しい 白百合の 濡れているよな あの瞳
希望 希望という名の あなたをたずねて
高校三年生 赤い夕陽が 校舎をそめて ニレの木陰に はずむ声
黒い瞳 黒い目 君の目よ 狂おしく 燃える目よ
小さな木の実 小さな手のひらに ひとつ 古ぼけた木の実 握り締め
ダッタン人の踊り そよげ西風よ 運べ歌を
ともしび
トロイカ
百万本のバラ
おお牧場はみどり
思い出
埴生の宿
恋は水色
小雨降る路
小さな喫茶店 それは去年のことだった星のきれいな宵だった・・・
野ばら
ローレライ
別れの朝
サンタルチア
ラ・ノビア
蛍の光
大きな古時計
思い出のグリーングラス
グリーン グリーン
ジョニーが帰って来るとき
チムチムチエリー
花はどこえ行った
冬の星座
慕情
マイ・ウエイ
ムーン・リバー
ライムライト
ラストダンスは私と
旅愁
ウォルシング・マチルダ
コンドルは飛んで行く
ともだち賛歌
雪山賛歌
山小舎の灯火
あざみの歌
信濃恋唄
いい日旅立ち
或る日突然
思い出の渚
学生街の喫茶店
学生時代 つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日・・
川の流れのように 
神田川
乾杯
秋桜コスモス うす紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まりに揺れている・・
五番街マリー
寒い朝
白い花が咲く
白いブランコ
旅人よ 風にふるえる 緑の草原・・
星降る街角
見上げてごらん夜の星を
忘れな草をあなたに
青葉城恋唄
夏の思い出
銀色の道
地上の星 風の中のすばる 砂の中の銀河・・
翼をください
岬めぐり あなたがいつか話してくれた 岬を僕は訪ねて来た・・
太陽がくれた季節
いちご白書をもう一度
遠い世界に
港が見える丘

「自立と共生」TOP