丸山ワクチンの奇跡
臨床経験・他

「丸山ワクチン」とは?

丸山千里(故)博士日本医科大学名誉教授・元学長、1901〜1992)の名前を取った薬で、蛋白質を除去したヒト型結核菌から抽出した多糖体・アラビノマンナンを主成分とする皮膚結核の治療薬である。

このワクチンは、ハンセン病の皮膚障害、発汗障害、神経障害にも効果を上げ、ガンに対しても効果があるという。

この薬は3つの効果/作用を持っているとされる。
・白血球に対する作用
・コラーゲン増殖作用
・細胞分裂に対する作用

白血球に対する作用により、免疫機能を高め、ガン細胞に対する攻撃力が高める。
コラーゲン増殖作用により、ガン細胞によって傷つけられた周囲の細胞を修復させる。ガン細胞が細胞分裂の際に使用する酵素の活性を低下させ、ガン細胞の増殖を妨げる。

しかし、この丸山ワクチンは製造承認を受けていない有償治験薬である。

昭和40年代以降『ガンの特効薬』との噂が一気に高まり、
医薬品の承認の手続きを求めて癌患者やその家族の団体による嘆願署名運動などが行われたが、昭和56年、厚生大臣の諮問機関である中央薬事審議会は丸山ワクチンを不認可とした。

丸山ワクチン(申請提出1976年)に先だってクレスチン(認可1975年)、ピシバニール(認可1975年)という類似した癌治療薬が認可された。

そしてクレスチン(開発:呉羽化学工業、販売:三共、粉末薬)とピシバニール(中外製薬、注射薬)は医薬品史上、最大のヒット商品(10数年間で売り上げ1兆円)となった。

クレスチンは、申請から認可まで、わずか1年しかかからず、しかも審議はたったの3回。ピシバニールも認可まで2年という前例の無い異例のスピードで認可さた。
一方丸山ワクチンに対しては度重なる追加資料の提出が要求され、

5年後に不認可という結論が下った。
これはクレスチンとビシバニールが許可された直後、許可基準が突然変わったためだという。

この許可基準を設けたのは中央薬事審議会の抗悪性腫瘍調査会というところで、桜井欽夫(元癌研究会癌化学療法センター所長)がこの調査会の座長だった人である。
実はこの桜井欽夫は、クレスチンの開発に携わっていた。
つまり自分で作ったクレスチンを自分で(それもたった一年で)認可した後、
ライバル薬品である丸山ワクチンを通さない基準を突然作って丸山ワクチンを潰し、クレスチンで儲けることになったわけである。
(ちなみにクレスチンは昭和57年には年間売り上げが500億円と、全医薬品中の第1位になっている)。

クレスチンとピシバニールは前述のようにヒット商品となったが、厚生省は平成元年になってクレスチンとピシバニールに「効果なし」という答申を出した。

桜井欽夫という男は、効かない自分の薬を売るために、競合する丸山ワクチンを不認可にする基準をわざわざ作ったのだという噂がある。
丸山ワクチンは医薬品としては承認されていない有償治験薬だが、1964年から2002年3月末日現在までに、ワクチンの治験は国公立の病院をはじめ全国の病・医院で実施され、丸山ワクチンの投与を受けた患者さんの総数は約35万6000人に上っており、現在も年6000人近い新規患者が、投与を始めている。

丸山が生前親しかった新聞記者の話として、次のような話がある。

「丸山ワクチンの患者の一覧表があるんです。日本医大の名誉教授のロッカーにカギをかけてしまってあるんですが、分厚いやつでね。丸山先生は、自分が死んだら、その一覧表をぼくにくれる、と言っていたんだけど、まだ生きておられる時にちらっと見たことがある。ずいぶん有名人もいたんですよ。

政治家とか芸能人とかね。その中で一番多いのは東大の医者たちですよ。猛反対していた学会主流派の東大です。あれだけ反対していたのに、最後は丸山ワクチンに頼ったんですね。丸山先生が東大でワクチンを開発してたら、間違いなく認可されていただろう。という話は何度も聞いたね・・・」


日本医科大学講師   藤田敬四郎さん 67歳

地下鉄千代田線・千駄木駅から歩いておよそ10分、根津権現神社のはす向いに日本医科大学附属病院がある。
がん患者を家族に持つ家族が丸山ワクチンを求め、病院前に長蛇の列をなしたのは今から20年以上も前のことだ。

「私はこの施設が創設された昭和47年から丸山ワクチンとかかわりを持ったんですが、すでに患者・家族の数は日増しに増えていくという状態でした。

おまけに、そのことをマスコミが大々的に取り上げたものですから、来院の数は一気に増えた。ホント、すごかったですよ。それで2回目以降の患者さんにはワクチンを郵送することにし、初回の患者・家族だけ来院してもらうことにしたんです。そうなってからは、幾らか落ち着きを取り戻すことができました」

藤田医師は当時の様子をこう振り返る。
 とはいえ、行列は消えても、丸山ワクチンを求める患者・家族はひきもきらず、その状況は現在も続いている。これほどワラをもつかむ思いの患者・家族から絶大な信頼を寄せられている丸山ワクチンが、なぜか薬品として認可されない。
実に不可思議な話だ。
丸山ワクチンは日本医科大元教授の故丸山千里博士によって開発された。

「丸山ワクチンはもともと戦争末期に結核治療を目的に開発されましてね。この後ハンセン病にも効果があることがわかった。

がんにも有効だとわかったのはその次で、結核やハンセン病を治療しているうち、丸山先生がそうした患者の間にがん発生が少ないことに気づいたんです。そして研究を繰り返した結果、がん治療にも効果あり、とわかり、抗がん剤としても使用されるようになりました」

 そんな経緯から生まれた丸山ワクチンがゼリア新薬工業から厚生省に製造承認の申請が出されたのは昭和51年11月のこと。
しかし、翌年、中央薬事審議会の抗悪性腫瘍剤調査会から「資料不足」として追加資料を請求され、求めに応じて資料を提出したにもかかわらず、56年、同調査会から「有効が確認できなかった」と申請却下されてしまった。

当然、丸山博士はこの結論に不満の意を示し、記者会見で
「副作用のない丸山ワクチンが認可されないのは不可解である」
と抗議の談話を発表した。

 もっとも、厚生省側は丸山ワクチンの使用者数を無視できなかったのか、日本医科大学にワクチンの供給継続を要求。以来丸山ワクチンは「有償治験薬」という特異な地位を与えられている。

「(申請却下は)審議会やそのメンバーの方々のメンツを立てた結果なんでしょうねえ。しかし、今では使用者は30万人を超えるほどの数にのぼっています。これまで丸山ワクチンは医師でいえばインターンのような資格で臨床実績をあげてきた。それを踏まえてそろそろ医師に格上げしてもいいのでは、と思うのですが」

 丸山ワクチンが新薬として認可されるのは患者家族の切なる願いである。が、その見通しは以前、暗いという。

いったいなぜ、認可が下りないのか

そのあたりの事情を医事評論家の生天目昭一さんはこう説明する。

「丸山ワクチンが認可されないのは政・官・業、それに学の癒着が原因です。ゼリア新薬の先代社長はまじめな人で、厚生省に一切根まわししなかった。
だから厚生省に出向いた際、
担当課長から
"オレのところに来る前に議員先生にあいさつ済んだか"なんていわれたりもしている。あと、審議会も問題でしてね。
今では効果がないとわかっている抗がん剤、クレスチンの開発者がメンバーに入っていた。
メーカーはこれで10年間に8000億円の利益をあげたんですよ。しかし、新たに円山ワクチンが認可されたら却下は当然の結果じゃないですか」
96年4月15日 日刊ゲンダイ掲載分より抜粋


【プロフィル】  竹中文良 たけなか・ふみよし 昭和6年生まれ、76歳。
消化器外科医。日本医科大学卒業後、日本赤十字社中央病院(当時)に勤務。
日本赤十字医療センター外科部長、日本赤十字看護大学教授などを経て、現在、同大客員教授。
著書に自らのがん体験をまとめた「医者が癌にかかったとき」(文春文庫)など。
理事長を務めるがん患者支援NPO「ジャパン・ウェルネス」の活動が平成18年の第54回菊池寛賞を受賞した。

「丸山ワクチンの臨床経験より」-@


竹中文良   
1.丸山ワクチンとの出会い 


 私はちょうど50年前、まだ医学生だったころ、この丸山ワクチンをつくられた丸山教授の講義なり指導を受けたことがございます。
私どもの年になりますと新しいことはすぐ忘れてしまうのですけれども、昔のことははっきり頭に浮かぶものでして、私は丸山教授が講義の中でご自分がつくられた丸山ワクチンのことについていろいろ話していただいたことを今でも記憶しております。

私は丸山ワクチンを専門に研究しているわけではありませんので、何かそこに大きなミスがありましたらご指摘いただければと思います。 

  最初に丸山教授がおっしゃったのは、その当時、丸山ワクチンをがんに使うという最初の思いつきというのはハンセン病ってご存じですね、癩病のこと、ハンセン病とかそれから皮膚結核の患者さんにはどうもがんが少ないのだと、そういうものに対して治療しているのをがんに振り向けてみたいということを、まずおっしゃっておられました。

 それからハンセン病の中で腫瘤形成型と、癩病でグーッと盛り上がってきたりというような状況の写真、そういうことをごらんになった方はおそらくご記憶があるかと思いますが、隆起型のものに丸山ワクチンを使うとその隆起が縮小するということをおっしゃっておられました。
だからがんでも腫瘤形成の勢いをとめられるのではないかと言っておられたのを記憶しております。

 それからもう一つは、当時、病理の教授で吉井先生という方がおられまして、その方が丸山ワクチンを使った患者さんの病理の検討をしておられました。
そしてどうも丸山ワクチンを使った患者さんにはコラーゲンの増殖作用、いわゆるがん細胞の回りに線維層というかコラーゲンがずっと増殖してがんを封じ込めるというような働きがあるように思うと、これは吉井先生のお話の中で私が記憶に残っているものですけれども。

これと同じような所見をお話になっておられた病理の先生が何人かおられました。それも何となく私は記憶しております。

 私は、日本医大は出たのですけれども、そのまま日赤医療センターの方へ行ってしまいましたので、実はその後、丸山先生とあまりコンタクトする機会はなかったのですが、そのころから丸山ワクチンというのは非常に大勢の方に使われるようになりました。

ただ、当時の外科というかがん医療というのはあくまでがんを徹底的に撲滅するということに向かっておりまして、がんの免疫療法というような考え方はほとんどありませんでした。

したがって、そのグループの中で丸山ワクチンを使うというのはかなり抵抗のある医療行為で、その当時、がんの専門のドクターに丸山ワクチンを使いたいと申し出た患者さんたちの多くは、いや、あれは全然意味がないんだというようなことを説得されたという話はたくさん聞きました。

ただ、私は丸山ワクチンというもの、丸山先生を通じて知った丸山ワクチンというのは何かこう魅力を感じておりましたのでときどき、私自身から薦めたことはないのですが、患者さんが丸山ワクチンを打ってほしいという希望の出た方には積極的に丸山ワクチンを使うようにしておりました。

その中で非常に印象に残る方々の症例をちょっと紹介してみようかと思います。